ブックメーカーに賭けても逮捕されない理由

ブックメーカーへログイン

日本では、公営以外のギャンブルやノミ行為は違法とされており、賭博及び富くじに関する罪が適用されて逮捕されてしまいます。
このために、欧米の賭け屋であるブックメーカーにお金を賭けて遊んだ場合には捕まるのではないかと疑問を持たれがちですが、心配することはありません。それは、適用される賭博及び富くじに関する罪が対向犯ということが根拠となっています。

なお、この対向犯とは、二人以上の行為者の相互に対向する行為の存在を成立要件とする犯罪です。賭博の場合は、賭けるものと投票を募るものが、お互いに相手に損をさせて自分だけが儲けようとすることにより成立するので、どちらか一方だけを処罰することは出来ません。
そのような理由から、ブックメーカーの運営会社が日本語サイトを閉鎖、撤退する可能性はないでしょう。

ブックメーカーで勝つ

つまり、政府に公認されているヨーロッパのブックメーカーを国内法で摘発することが出来ないので、利用したものだけを逮捕できません。
ただし、国内の業者が運営しているブックメーカーを利用した場合は、この限りではありません。
ノミ行為が逮捕されるのと同様に、国内の業者と利用者の両方が50万円以下の罰金又は科料に処せられることになります。
このために、ブックメーカーを利用する場合は、合法の国でライセンスがある業者を選択しなくてはなりません。