サッカーのtotoとブックメーカー 還元率の比較

海外のブックメーカーと日本のスポーツ振興くじtotoは大きく違います。
まず第1に違うのはベッティングする前の
前提条件として、まずは還元率が違います。

遊びならばいいのですが「少しでも勝ちたい」「儲けたい」、投資目的の場合など、勝敗予想の前に還元率の違いを理解しなければなりません。
サッカーくじtotoの還元率は約49.6%に対して、ブックメーカーは運営会社により数字は異なりますが、約93%です。

還元率が49.6%では、どんなプロが勝敗予想に賭けても、勝つことは不可能でしょう。還元率がこのように低い数字では、投資になりません。すべては運次第です。
対してブックメーカーは還元率がtotoよりも高く、投資対象とし投資からも注目しています。
多数のブックメーカーでアカウント制作しておけば、同じ試合でもよりオッズの高いブックメーカーでベッティングすればいいわけですから、さらに還元率を高めることが可能でしょう。ブックメーカーの還元率が約93%というのは平均であって、すべての試合やスポーツが93%ではないということです。

下記のように、例えば海外サッカーでAというチームの勝利を予想した場合、ブックメーカー会社のよりオッズは違うのです。

ブックメーカーA社 2.52倍
ブックメーカーB社 2.54.倍
ブックメーカーC社 2.37倍
ブックメーカーD社 2.48倍

この点はしっかりと理解をしておく必要があり、投資目的でブックメーカーをするユーザー、少しでも利益をだしたいと考えているユーザーはしっかりと覚えておく必要がるでしょう。この場合は送金手数料と出金手数料が同額ならば、オッズが1番高いブックメーカーB社でベッティングするのが正解です。